CFD取引の比較ランキング

人気のCFDサイト

CMC Markets Japan

CMC Markets Japan CFDは、ヨーロッパでトップのCFD取扱いをしているCMCマーケット社の日本支社のCFD取引です。CMC Markets Japan(シーエムシーマーケットジャパン)では、ヨーロッパで使われている取引のシステムも日本語化して、使えるようになっていて、2006年の取引9233億ドル(なんと90兆円!)というとんでもない実績を武器に、他の業者を引き離している感があります。CMC Markets Japan CFDでは、売買できる株式が、20カ国以上の海外株式、銘柄数では3000以上とかなりの種類があります。当然、日経225やナスダックなどの指数先物も扱っていますし、シンガポール株やアジアの株、そして南半球のオーストラリア株も扱っているので、まさに世界を相手に取引ができるのです。

dmm.com証券

DMM.com証券 CFDは、SVC證券が社名を変えて、DMM傘下に入ったものです。
なので、名前は新しくても、SVC證券のノウハウを引き継いだ信頼できるCFD取引なのですね。
その最大の魅力は、SAXOシステムを使えるということで、このSAXOシステムは、世界でも多くの投資家が信頼しているすぐれたトレードシステムなのです。

DMM.com証券 公式サイト http://fx.dmm.com/

FXオンラインジャパン

FXオンラインジャパン CFDは、イギリスに本社のあるIGグループで、CFD実績では、世界でトップクラスの信頼ある会社です。
そこには、PureDealという取引システムを搭載していて、このツールが強力にCFD取引をアシストしてくれます。
世界的にも支持されている取引システムなので、約定能力も高く7000種類以上の銘柄を取り扱います。
FXオンラインジャパン CFDに向いている人は、これからCFD取引をはじめようとする初心者や、今までの実績重視でしっかりとした業者を利用したいと考えている人、また、このFXオンラインジャパン CFDの取引システムはチャート重視なので、チャートでのトレードを得意とする人に向いています。